ネットで話題になった子供への声掛け変換表

未分類

子供への声かけ変換表が、ネットで話題になってたってご存じでしたか?

それが、子供への声かけ変換表・ダウンロードページ ⇒ 声かけ変換表
「出典:楽々かあさん公式HP  https://www.rakurakumom.com」より

例えば、下記のような事例が載っています

・いい加減にしなさいっ!              → あと何分で終われそう?
・ちょっとまって!                         → あと○分だけ待ってくれる?
・うるさい!                                   → 声をボリューム2にしてくれる?
・走るな!                                       → 歩こうね
・危ない                                          → 止まって!
・危ないからダメ!                         → お母さん、怪我が心配だなぁ
・早く支度しなさい!                     → 5分で終われば、あと10分遊べるよ
・早くおフロ出なさい!                  → 夕飯はカラアゲだよ
・あー、もう、だから言ったでしょっ!       → どうすれば良かったんだっけ?
・何度言ったら分かるのっ!           → どうしたらいいと思う?
・もう!いつんなったら宿題やるのっ!       → 宿題、何時からやる予定?
・人の迷惑になるからやめなさいっ!           → 音が大きいと頭が痛くなる人がいるから、
                      病院ではゲームの音OFFにしてね
・何やってんの、バカタレ!           → さすが天才!一緒に片付けよっか

この表は、そもそも、発達障害の子どもへの声かけをする際に
注意する言い回しをまとめたものですが、自分の意思を優しく、わかりやすく、
明確に伝えるという意味では、発達障害の子どもに対してだけでなく、
子どもとのコミュニケーションにおいてとても大切なことだと共感を呼び、
ネットで話題になったものです。

小さなお子様がいる家庭では、あると便利だと思います。

PDFでダウンロードするには
子供への声かけ変換表・ダウンロードページ ⇒ 声かけ変換表
「出典:楽々かあさん公式HP  https://www.rakurakumom.com」より

コメント

タイトルとURLをコピーしました